会員向け

会員向けの情報が掲載されます。

県民公開講座

県民公開講座のご案内です。

学会長挨拶

学会長 大川内 直木

会員の皆様におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
学会開催に当たり学会長として一言ご挨拶を申し上げます。

 

第29回佐賀県理学療法士会学会は当初2021年1月に対面形式での開催を予定しておりました。しかし、新型コロナウィルス感染拡大の影響により残念ながら延期させて頂くこととなりました。延期期間中、開催方法について再考し、県学会初のWEB学会として開催させて頂くこととなりました。不慣れな中ではありますが、中部広域部準備委員一同会員の皆様にとって実り多き学会になりますよう準備を進めております。

 

さて、これから私たちは、団塊の世代が75歳以上となりとなり後期高齢者数のピークを迎える2025年、更に第2次ベビーブーム世代が65歳以上となり少子高齢化だけでなく、生産年齢層の減少と多死社会による人口減少が起こる2040年を迎えます。高齢化が進み、理学療法士の対象は重複疾患、障害の重度化、ターミナルなど改善の難しい対象者が増えていきます。そこで本学会のテーマを全人間的復権への懸け橋、サブテーマを生きる・暮らし・人生の「さいこう」としました。「さいこう」には「再考」「再興」「最高」を意味し、対象者個々のライフステージにおける問題に対し、我々理学療法士が生活を「再考」「再興」し、対象者の「最高」に寄り添う存在でありたいという思いであります。対象者の生きる・暮らし・人生の中で全人間的復権の懸け橋を理学療法士は架けることができるか?そのためには何が必要かを考える学会にしたいと思います。

 

教育講演では医療法人協和会小倉リハビリテーション病院名誉院長浜村明徳先生、順天堂大学保健医療学部理学療法学科教授高橋哲也先生にご講演頂きます。浜村先生には地域リハビリテーション活動における先生のご経験を交え、リハビリテーションの再考についてご講演頂き、高橋先生には高齢化を背景に増加する心疾患患者を通して今後の理学療法・理学療法士の在り方についてご講演頂く予定です。

 

また、県民公開講座では熊本放送アナウンサー木村和也先生、一般社団法人Wheelog代表理事織田友理子先生にご講演頂き、当事者の立場からご自身の体験や経験を通して県民の皆様に向けて人生の再考と最高についてご講演頂く予定です。

 

本学会の一般演題では30演題と大変多くの演題登録を頂きました。演題登録を頂きました皆様ありがとうございました。心より感謝申し上げます。是非活発なディスカッションが行われることを期待しております。
どうぞ宜しくお願い致します。

佐賀県理学療法士会会長挨拶

会 長 峰松 一茂

第29回佐賀県理学療法士会学会開催にあたり一言ご挨拶申し上げます

 

本学会は、県内の5ブロックを輪番制にて開催しており、本大会は中部広域地区での開催となりました。当初2021年1月に開催予定でありましたが、COVID-19ウィルス感染拡大により、2021年11月の開催に延期されました。準備にあって頂いた大川内直木学会長、坂井沙織準備委員長をはじめスタッフの方々に敬意を表します。

 

COVID-19ウィルス感染症は、社会全般に大きな影響を及ぼし、理学療法についてもあらためて考える機会となりました。本会においても昨年度上半期は、ほとんどの事業が中止せざるを得ない状況でしたが、現在は、オンランの環境を整備し、オンライン開催ではありますが、できるだけ事業を継続し、会員の理学療法を通して県民の健康増進へ貢献できるように努めております。あたらしい生活様式、withコロナのなか運動の重要性も強調されてきており。理学療法が目指すものについても見えてきたのではないでしょうか

 

そのようなか、今学会は「全人間的復権への架け橋~生きる・暮らし・人生の【さいこう】~」として開催されます。まさに、今を「再考」し、「再興」して、「最高」の人生にしていきたいという思いが詰まった学会ではないでしょうか。会員においても、理学療法や人生・暮らしについて考えるきっかけになればと思います

 

最後になりますが、初めてのオンライン開催の準備等にあたっていただいた、大川内学会長をはじめすべてのスタッフのみなさまに厚く敬意を表します。約3年間の準備、本当にありがとうございました

次期学会長挨拶

次期学会長 椋野 智治

深秋の候、佐賀県理学療法士会会員の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
また、第29回佐賀県理学療法士会学会の開催にあたり、ご尽力頂いております大川内学会長をはじめ、佐賀県理学療法士会中部広域部の皆様には敬意を表します。さて、次期佐賀県理学療法士会学会は第30回という節目を迎えることとなり、今回は記念学会と位置づけ、佐賀県全域から準備委員会メンバーを募り、今までの佐賀県理学療法士会学会を振り返り、そして新たな佐賀県理学療法士会学会につなげていけるように準備をしております。
以上を踏まえて第30回佐賀県理学療法士会学会のテーマを「温故挑新」~今までの理学療法を活かしつつ、新たな理学療法への挑戦~としました。
このコロナ渦の状況で生活環境も変化し、また研修会等に関しても新たな取り組みを余儀なくされてきています。しかし、その取り組みも皆さんのおかげで定着してきています。
その中、昨年度から行われています「臨床実習指導の改定」、そして今年度は「日本理学療法士協会長の交代」、「佐賀県理学療法士会長の交代」、来年4月からは「新生涯学習プログラムの開始」と、我々を取り巻く環境は新たな変遷の時期にあると思われます。
しかし新しい状況に適応し、そして新たなものを創り上げていくことは大事ですが、理学療法士としてのこれまでの歴史の中で、多くの事を創り上げ、積み重ねてきた功績も忘れてはならないと思っています。
それらをふまえて今までの事は継承しつつ、新たに我々理学療法士が行うべき事、そして求められていく事をしっかりと見定め、実現していくための一路となるような学会にしていきたいと考えております。多くの会員の皆様からの演題の応募や第30回佐賀県理学療法士会学会へのご参加を心よりお待ちしております。

NEWS

お知らせ

 
第29回佐賀県理学療法士会学会からのお知らせ。

お知らせ一覧